ハートクローバー

和尚さんの『幸せを学ぶセラピー』ってどんなの?

和尚さんのセラピーの最大の特徴

和尚さんのセラピーの最大の特徴、それはセラピストが、浄土宗のご住職だということ。
なのに、仏教の説法はなく、時に漫談、時に女子会、時に心理学的アプローチ。だから、宗教に関係なく受けることができます。
ご住職なのに、ジーンズ姿。軽装だけど、頭は丸めている。この摩訶不思議な和尚さんの手にかかると、心がふわっと軽くなります。目の前が明るくなります。
ハートがうるおう瞬間ですね。

セラピーには、グループセラピー、個人セラピー、ビジネスセラピーがあります。
個人セラピーはマンツーマン。
自分が幸せになれると思える時間
ビジネスセラピーは、仕事がテーマ。事務所運営など悩みの種を花の種にして花を咲かせる、有意義な時間。いろいろな気づきが訪れて、目から鱗が落ちるかもしれません。

東京と京都で、定期的に開催されているのが、グループセラピー。よく受ける質問に、何人くらい?
人前で自分の悩みを話すのが嫌なんだけど…など。

分かります。その気持ち。私も嫌でした。
安心してください。事情を話す必要はありません。説明も不要です。話したくないことは、話さなくていいんです。

参加者の人数はその日によって変わります。二人の時もあれば、六人、十人などなど。
みんなで輪になって座ります。和尚さんの隣に、VIP席が用意されているので、手を挙げて、VIP席に座り、ぽこっと浮かんだ言葉(お題)を口にするだけ。
例えば、もやもや、嘘つき、怖い。何も浮かばなければ、それでOK。

そして、参加者に手伝ってもらったり、石ころを使ったり、カードを引いたり、座布団や椅子を利用したり、何も使わなかったり、歩いたり、ただ話すだけだったり。
終わる頃には、なぜか気持ちがスッキリしています。

ユニークなヒラメキと愛にあふれた、和尚さんオリジナルの不思議なセラピー。思うのですが、和尚さんが修行された仏教から、いつの間にか、「幸せ」を学べているのではないか…と。

セラピーを受けている人の中には、自分を追い込み過ぎて「もう生きていけない…」と、悩みを抱えていた人もいます。それでも、和尚さんのセラピーを受けていると、自分の小さな箱から飛び出し、楽になったわたし、幸せになっているわたしになれてるようです。

なんて言うと、私はそれほどじゃないし…、自分で何とかしたい…できると思う、という声もあるかも。
実は、悩んでいたい。そんな心もあるんですね。
さらに…。
悩みすぎ。考えすぎ。考えるほど悩みをこじらせてしまうのに、悩みを深く深く、地球の裏まで、掘って、掘って、掘りまくる!!もうこれ以上、掘れないと分かるまで深掘りする。そして、ついに、撃沈。
だって、この悩みを手放したくないんだもん!手放すのが怖いんだもん!!!暇なんだもん。考えるのが大好きなんだもん。
だから、お願い、悩みを取らないでぇ!!!
必死で悩み続ける自分を守り、結果、自分と向き合えない。
そんな人いるの? ハイ。ここに。

──私を苦しめる悩みでさえ、無くなると分かると寂しくてたまらない。
どこかで、そう思っていました。

私のような人は、変化を恐れて、変化した次に来る何か…が怖くて、手放したら何もかも無くなってしまうと、恐怖に怯え、苦しいのに、悩み続けるようです。セラピーに行くことすら、嫌になります。吐き気します。マジで。

どうすれば、いいの? 迷ったら、ハートに訊いてみましょう。
知っているのは、あなたのハートです。
ハートは、分かっています。セラピーに行けば、自分の望む方向へと変わり、手にしたかった幸せをつかみ、辿り着きたかった幸せな私になれる、と。

そのプロセスは人それぞれ。
あっという間に変わる人もいれば、少しずつ変わっていく人もいます。どうやら、素直な人のほうが、変わりが早く、楽みたい。
私のような頑固ちゃんは、ごめんなさい、いっぱい、いっぱい泣きましょう。

いっぱい我慢してきましたね。
よく頑張ってきましたね。
その分、いっぱい、いっぱい涙を流していいんですよ。
鼻水もかんで出しましょう。水分は出したほうがいいそうですよ。
泣くのが嫌?
ホント、頑固なんだから。

話をグループセラピーに戻しましょう。
グループセラピーは、ご縁で集まっています。
名前を知らない誰かさんのお題も、自分に関係があることだったりします。あるいは、悩みを解消する具体的な方法を知って、自分のヒントになったりします。だから、心のお土産がいっぱい持って帰れます。私はそこが好きですね。
輪になって座っているために見える顔も、そのうち気にならなくなります。視野に入らない時すらあります。

なお、セラピーで話されたことは、人に話してはなりません。参加者には守秘義務があります。つまり、どれも内緒の話。守らなければ、バチが当たるそうです。くれぐれもお気をつけください。

どのセラピーも、その時だけじゃなく、じわじわと利いてきます。数年後に、思い出して「あ、そういうことか!」「うわ、こんな所で役に立った!」と、驚くことも。そんな効果も人それぞれ。いつ効果が出るか、幸せが来るかは、お楽しみです。

摩訶不思議な「幸せ」を学ぶセラピー。
和尚さんからの勧誘はありません。洗脳もありません。依存もありません。
あるのは、自分のための時間。
興味はあるけど、それほどじゃない…?
あなたのハートに訊いてみてください。
最初の一歩が、幸せの始まり。
怖い? 気合と根性はいらないからね。これ、和尚さんの口癖。

一歩に必要なのは…、変わりたいと思う心。強く願うほど、大きく変われます。
今の私のままでいいか、問いかけてみてください。
ハートがきっと教えてくれます。

セラピーを受けて、結婚した人、母になった人、体調が良くなった人などなど、豊富な体験談が、ホームページに載っています。
私は、みんなの変化を読んで、励みにしていました。すぐ、今の私でいい、と思うから。
ぜひ、美味しいお茶とお菓子を味わいながら、読んでみてください。
そして、イメージしてみてください。
可能、不可能関係なく…あなたが願っている未来の姿を。

幸せになぁ~れ😊

相 湧

ページトップ

和尚さんのセラピー 親子編

親子編

女性 
初参加です、よろしくお願いします。特に相談は無いのですが。

和尚 
いいよ。よく来られましたね。結婚は?

女性 
結婚してます。子供は二人。上が息子で、下が娘です。

和尚 
息子さんはいくつ?

女性 
中一です。もう息子は、ゲームばっかりするんです。何を言っても聞かなくて。とうとう「ババア!」とか出てきて…。あ、ありますね、相談(一同笑)。息子
にゲームをやめて勉強させたいんです。塾も行き出したし。本当に、ゲームをずーっとやってるんですよ。私も叱ってばっかりです。

和尚
どんなふうに叱ってるの?例えば勉強しない時。

(参加者が息子役をやって、実際に言ってみる)

女性 
いつまでゲームしてるの!さっさと勉強しなさい!宿題、早くやりなさい!聞いてるの!(目を合わさない息子役)

和尚 
言っててどう?

女性 
こっちもつらいです。一方通行みたいで。

和尚
息子を否定してる。そう聞いて、どう思う?

女性 
え…。それは嫌です。でも、…そんな事ばっかり、言ってるかもしれません。
ゲームは認めてないんです。ゲームなんて!という考えで来ましたから。ああ、否定してるのかぁ。あ…。

和尚 
ゲームはしたことある?

女性 
ありません。

和尚 
してみたら?

女性 
私が…ですか。そういうの、弱いんです。全然だめで。

和尚 
息子さんに、「お母さんもゲームしたいから、ゲーム機使っていい?」って聞いて。それで、ゲームが分からなかったら「これ、どうするのー?」って息子さんに聞いて。そしたら息子さんが教えてくれる。そういうコミュニケーションもいいよ。
もう「ゲームをやめなさい」は、言わない。

女性 
…はい。

和尚 
初めの三日間は、言いたくなっても、グッとこらえて。言わなかった自分にご褒美を上げていいから。そうやって、まず1週間、言わない。すると、言わないことが、普通になるから。

女性 
分かりました。ご褒美に、ビールをプシュッとするようにします(笑)。

和尚 
そうそう。言わないほうが、良いことあるよ。褒めノートを作るのもいいよね。

女性 
褒めノート?

和尚 
そう。一冊ノートを用意して、毎日、息子を褒める言葉を書くの。

女性 
え~、そんな褒めることあるかな…。

和尚 
今日は塾に行ったとか。「行った」だけでいいのよ。一日一行、毎日書く。

女性 
あ~。それなら書けますね。分かりました。やります。

和尚 
段々、息子が話すようになってくるよ。

女性 
そうなって欲しいです~。

和尚 
まず、今日言ったこと、やってみてね。

女性 
はい。ありがとうございました。

(翌月)

和尚 
どう?

女性 
今日は報告に来ました。もうね、息子が話してくれるようになったんですよ!
三日間は本当に言いたくて仕方なかったんですけど、そこを乗り越えたら、慣れました。こらえた自分にビールのご褒美もあげました。

和尚 
それは良かったね。

女性 
息子が宿題を聞いて来るんです。塾にも真面目に行ってます。褒めノートも書いてるんですよ~。書くことあるかな?と思ってましたけど、すらすら、もう、なん行でも書けてしまいます。たまに見返して、息子も「がんばってるな」って思うんです。今までのようにうるさく言わなくなって、息子との会話が楽しくなりました。

和尚 
良かったねー。妹さんはどう?

女性
 娘も、影響されたのか、同じように私に話すようになりました。勉強、教えて~って来るんです~!

和尚 
それが欲しかったんでしょ。

女性 そうです!これが欲しかったんです~!ありがとうございます!もう本当に良
かったです。嬉しいです。

ページトップ

和尚さんのセラピー 夫婦編

夫婦編

ポテチばっかり買って来る夫にイライラ!(スッゴク嫌そうな顔で)
同じもんばかり買ってきて、アホの一つ覚えみたいで、イライラします。
このイライラ、何とかなりませんか?


女性
 夫がいつもポテトチップスを買ってくるんです。

和尚 
へぇ。ポテトチップス? 

女性
 私が「好き」って一度、言ったんです。そしたら、買って来るようになったんですよ。

和尚 
いいご主人じゃな~い。

女性 
一回目は喜ぶんです。「いや~、ありがとう!」って。
それからは、主人は棚の中を見て、無くなると、三袋くらい買って来るんです。
棚を開けたら、ポテチがどさっと。

和尚 
いい人や~~ん!(一同笑)だって、買って来てくれるんでしょ?

女性
 でも、ポテチばっかりだと、ちょっとねぇ。食べるのも飽きてくるじゃないですか。
それにね、家に帰ってから、「これ買って来たから」って、わざわざ見せに来るんです。
家事でちょうど忙しい時に!「これでいい?」と聞かれても、返事できないくらい、イラ~ッてするんですよ!
娘にも「買ってきたよ」って確認するんです。

和尚 
やさしいお父さんじゃな~い。娘さんはどんな反応なの?

女性
前は「ウザい」って言ってたんですけど、セラピーで娘との付き合い方をお題にしてから、効果が出て変わったんです!

和尚 
おいくつだっけ?

女性 
上が十七で、下が十四です。特に上の子のほうが変わったんですよ。お父さんに笑顔で上手に言って、「お父さんに言うといたわ~。もう面倒やわ~」って。それも笑顔です。

和尚 
それは、褒めてあげてね。

女性 
そうなんですよ。「あんた、えらいなぁ」って、セラピーで教えてもらったように笑顔で褒めてます。

和尚 
そういう会話が出来るようになって良かったね~~。
娘さんと、コミュニケーション取れるようになって、良かったね。

和尚 
それで今日はどうなりたいの?

女性 
イラ~ッとするのを何とかしたいんです。

和尚 
ポテチが他のお菓子になるのはどう思う?

女性 
…ポテチではなく、他のお菓子を買って来てくれるってことですか? それはいいですね。

和尚 
いいよね。

女性 
ええ。すごくいいですね…。それ、良いです!(笑)

和尚 
リクエストしたら? 「わたし、このお菓子が好きなの~。最近、はまってね~」。

女性 
は…はい。言うんですね。

和尚 
そう。それはね、ご主人への「親切」と思って。だって、今、あなたが何を食べたいのか?ケーキなのか?お饅頭なのか?ご主人は分からないから、教えてあげるの。そうすると、あなたを喜ばせたいご主人は、教えてもらって、どうする?
「そうか!ポッキーが欲しいのか!」って喜んで買いに行かないかな?
それは、ご主人も喜ぶことにならないかな?

女性 
なるほど。

和尚 
クッキーが欲しかったら、「この間、あそこのクッキー食べたらすごく美味しかったの~」って言うだけ。棚を開けたら、クッキーが入っている。どんな気分?

女性
いいですね。嬉しいです。

和尚 
いつも棚を開けてたら、好きなお菓子が入ってる。

女性
 あ~、いいですね~。なんか幸せですね~!

和尚 
「買って来たよ」と見せに来たら、「ありがと~」って言うといいね。

女性 
それがね、家事とか、忙しくしてる時に言うんですよ。だから、イラッと来るんですよ…。そんな時にも、言えたらいいんですけどね~。

和尚 
言ったほうが、家事が忙しく無くなるよ。

女性 
えっ…。どうしてですか?

和尚 
「ありがと~、これ食べたかったの~!!」ニコーッと笑ったら、ご主人どうする?

女性 
嬉しそうな顔しますね~。そうか、機嫌良くなって、家事を手伝ってくれますね!

和尚 
それを娘たちにも、教えるの。

女性 
ハハハ。そうですね。上手に言いますからね、娘も。

和尚 
良かったじゃない。ご主人は、あなたを幸せにしてくれる人。

女性 (うなずく)

和尚 
そう思ったら、どんな気分?イライラしてる?

女性 いいですね。イライラしてないです。なるほど!娘たちと一緒にやってみます!

和尚 
やってみて。ご主人、いい人ね。

女性 そうなんです。いい人なんです。ありがとうございました。(笑顔)

ページトップ